S邸 秦野市 新築戸建の最近のブログ記事

中庭の家完成しました!

|

内部と外部が一体的に使える、プライベート感がとてもいい感じです。

今年4軒目 の竣工となりました。

LDK 中庭.jpg 中庭 廊下.jpg

秦野S邸 最終章

|

R1018343.jpg内装工事終盤に差し掛かってきました。

昨日は中庭の足場解体作業でした。

写真左側の中庭から差し込む光でLDK空間は十分明るい感じです。

完成が楽しみです。

板金納まりの工夫

|

RIMG0045.jpg秦野S邸外壁工事中。

ガルバの外壁の端部納まり(マニアックかなぁ?)

これが正解というものは無いのですが、既成品だとコーナーに大きなカバーが付くのですが、コーナー材を制作してシャープにすっきり見えるように工夫しています。

この工夫により面の意識が強調され より立体感のある締まった印象になります。

ひと手間かけるだけで全然違うんですヨ。

フローリングを無垢材でつくる贅沢

|

R0018241.jpg無垢材はメンテナンスが・・・と言われる方もいらっしゃいますが、ワックスがけのひと手間を掛けて木肌の色を楽しむのもひとつだと思います。

素足でベタベタ歩くのもこの季節 とても気持ちいいですヨ。(柔らかさと温かさがあります)

写真(左)杉:板厚30ミリ 板幅150ミリ

 

夏涼しく 冬温かい

|

R0018244.jpg進行中の物件の発砲ウレタン断熱工事の模様。

厚み80ミリから120ミリ程度を吹き付けました。

「夏涼しく 冬暖かい」を確実に実現できる工法のひとつです。 断熱性能だけではなく、気密性も大変高くエコハウスの必須アイテムのひとつだと思います。

 

 

秦野S邸 

|

R0018200.jpgLDK吹抜け空間・・・見えてきました。

通風を促す木格子は2階廊下部分と繋がっています。

工程は仕上工事へと進んでゆきます。

秦野S邸 吹抜 トップライト

|

R0017911.jpg秦野S邸 LDK吹抜トップライト いい感じに仕上がってきました。天井面は壁面窓の3倍の採光があります。また、このトップライトは開閉式なので夏季の空気の自然対流を促し、エアコンレスな環境をつくります。

今回の配置計画においてトップライトの選択は正解だと思います。

完成が楽しみです。

秦野S邸  空間で変わる

|
R0017387.jpg

秦野S邸、内部空間が見えてきました。中庭からリビングに差し込む光のイメージは想定を超えました。

内部と外部を繋ぐプライベートな中庭・・・連続するスペースに視覚的な広がり与えますネ。

「建築空間で人は変わる」・・・まさにこの事、素敵な生活イメージが見えてきました。

 

 

秦野S邸 中庭のかたち

|

R0017318.jpg秦野S邸 中庭のかたちがイメージできるようになりました。中庭面すべて連窓です。

完成が楽しみです。

秦野S邸 屋根工事

|

 

画像 097.jpg秦野S邸屋根工事進んできました。

FRP防水屋根+ガルバリウム鋼板立櫨葺き・・・

写真はソーラーパネル用の勾配屋根です。今後、ソーラーの需要は増えそうですね。

蓄電設備が低価格で販売されれば、電力需給の問題も太陽光発電にシフトできると思うのですが・・。

電気に頼らない家というのが理想ですが現代社会はそうもいきません。

 

秦野市S邸 上棟

|
R0017028.jpg
秦野市S邸木造2階建 上棟しました。なんとか天候にも恵まれ、いよいよこれからという感じです。写真はLDKの天井の床組み・不連続なフレームにはトップライトが取付きます。こちらも完成が楽しみです!

秦野S邸 鋼管杭工事実施

|
R0016918.jpg
秦野S邸鋼管杭工事が行われました。
計35本 支持地盤へ打ち込み完了です。
途中 柱状改良、表層改良の検討を行いましたが、湧水と支持地盤の深さ状況から最終的に鋼管杭での施工となりました。
地盤保険や今後の地震・液状化対策を含め万全の計画で工事が進んでいます。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

詳細情報
 → HP是非ご覧ください!
(建築相談も行っています)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちS邸 秦野市 新築戸建カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはK邸 新築戸建 海老名市です。

次のカテゴリはW邸 増築 座間市です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13