2010年4月アーカイブ

陰翳礼賛

|

T02.jpg

鎌倉で新築物件の 打合せの後、地元工務店の紹介で、鎌倉某所の木造住宅 を拝見しました。

建設当時の材料の使い方や技術、空間のとり方など、 この手の木造建築は見応えがあります。 軽妙な空間配置と起伏のある敷地形状を活かしたダイナミックな建築でした。

山深い広大な敷地にひっそりと佇む、 いい建築に巡りあいました。

 

 

   

T03.jpg

擁壁工事中

|

本井建築研究所一級建築士事務所 施工事例 O邸リフォーム

O邸擁壁01.jpg

昨年リフォームの設計をさせていただきました建物 の擁壁改修の現場に伺いました。

 

石積みの壁を改修し、RCの擁壁を施工しているところです。 D-13 @250のダブル配筋の擁壁、設計までを担当しました。

施工は龍王土木(青木)さん、手摺工事は相模建商(平野)さん。 このところ雨が多いですが、工事は順調に進んでいるようです。

横浜市開港会館.jpg

大阪の中ノ島公会堂とともに大正期二大公会堂建築 と言われている横浜市開港記念会館で青年会議所の会議を行いました。横浜開港50周年を記念して市民の寄付により建設され、大正12年の関東大震災によりドームや内部が焼失し、また戦後には、米軍に接収されるなど、激動の時代を超えてきた横浜の重要な建築物。(平成元年に大正時代の姿に復元された)この建築は「辰野(金吾)式」フリー・クラシックと呼ばれる建築様式で、折衷様式の華麗で荘重な印象を現在に伝えています。市民によって創られ、また今尚 市民によって守られているこの建築には華やかな都市のランドマークとして永遠に開港の地 横浜に存在して欲しいと願います。

S邸配筋検査

|

AS配筋検査.jpg

静岡の市川企画様より依頼を受け設計監理を行っています厚木S邸、着工しています。

写真のように基礎の配筋の検査をこの段階で行います。

鉄筋の径、鉄筋の間隔を各部検査してゆきます。

このような現場検査を行うとともに、使用材料の出荷証明書の適正を書類で確認してゆきます。

最近雨が多いようですが、現場は順調です。

 

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

詳細情報
 → HP是非ご覧ください!
(建築相談も行っています)

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13