2010年3月アーカイブ

旧三井邸欄間拝見

|

IMG_0296.jpg

鎌倉市の松本社寺建設さんに打合の為、お邪魔しました。松本棟梁は岡山のご出身の方で、私(広島)と近い地方なので話をしていると親近感が湧きます。打合せの後、 旧三井守之助別荘・・大磯町の歴史的建築的遺産でもあった旧三井邸の解体保存さている欄間を拝見しました。現在は復元されるのを待って、ここに大切に保存されているとのことです。漆塗りで軽快かつ細工が繊細で優雅な欄間でした。伝統建築はやはり面白いものがたくさんありますね。もっと研究して私の設計する建物にも、採り入れてゆきたいと思います。松本棟梁有難う御座いました。またお邪魔します!

http://www.shajimatsu.com/index.html

 

継手.jpg

制作中の伝統建築技術保存会の継手試作品も拝見しました。

精巧というよりも美しいといったものでした。

このような、様々な継手は日本人の知恵であり他国にはない継承されるべき特殊な木工技術です。

活かして守り伝える、松本棟梁には脱帽です。

いぶし瓦と日本人の感性

|

IMG_0269.jpg

今度現場が始まる住宅で燻し瓦を使わせていただくことになりました。三州の栄四郎瓦/古彩燻を使います。伝統的な燻化製法により、深みのある色と風格、流行に流されず、歳月を重ねるごとに、渋みのきいた色を表現します。安土桃山時代に織田信長の依頼により唐人一観が安土城築城のために製造したものが最初と言われています。風雨により、炭素によって形成された皮膜が磨耗し、独特の色ムラが味わいのある屋根をつくります。味わいや趣、儚さや侘しさ、日本人独特の感性を刺激します。素材からとても重要なキーワードやメッセージが出ています。

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

詳細情報
 → HP是非ご覧ください!
(建築相談も行っています)

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13