2008年5月アーカイブ

A邸 現場リポート-1

|

A邸基礎工事がはじまりました。基礎コンクリート部分には温水管を施工し躯体蓄熱床暖房を計画しています。現場監督Kさんがんばってます。

基礎工事1

基礎工事養生

LIGHT HOUSE/戸建住宅/神奈川県座間市

|

[ライトハウス]
計画地は交通量の多い幹線道路に面し、また隣地側は住宅地が広がっています。

敷地上にキューブを想定しプライバシーを優先し、居住性の高い空間デザインができないかと思案した結果、主な開口部はすべて南面にまとめ採光通風可能な窓を計画し、軒庇を採光反射板として居住空間に光を落とし込むようデザインしました。

南立面・採光板

 

■CONCEPT

南の光をハイサイドライトと吹抜空間で繋がる1階LDKから取込み採光通風に配慮した建築計画としています。2階部分は屋根裏空間のような構成です。この方法で部材数を減らし、シンプルでコストパフォーマンスの高い居住性をコンセプトに計画を行いました。

南東

3LO-HOUSE/戸建住宅/神奈川県横浜市

|

3LO-HOUSE
LOHAS
素材を含めエコロジカルライフスタイルデザインを心がけ、グリーンパーゴラ・採光/通風窓など随所にアイデアを盛り込みました。
LOWCOST
安物ではなく上質を確保する為のコストデザイン。連続したLDK空間やウッドデッキや和室など
と豊かに結びつく空間的な上質を確保しながら無駄な部分を省き、シンプルな外観と単純な平
面構成とし、コストデザインに配慮しました。
LOCATION
位置や場所の新しい価値をデザインする。繋ぐ、時には分断する、生活シーンに合わせてLDK空間にフレキシビリティーを確保しました。続き間により、季節の移ろいや自然を五感で感じまた、衣服のように柔軟に生活シーンに対応します。

模型写真南

 

5F+4T
「5つの床レベルと4つのテラスをもつ、明るく開放的な家]

住宅+事務所という用途的特徴とレベル差のある敷地的特徴を活かし、平面的・断面的に積極的な段差を計画し、その歪によるプラスアルファーの機能や空間性により、明るく豊かな生活シーンを計画しました。

南アプローチ

KOKUEIKAN PROJECT/商業施設/沖縄県那覇市

|

[ K0KUEIKANの5つの柱 ]

新しい都市の文様を構造体として表現 

時代や地域によって多種多様に展開してきた記号(アイコン)的な特別な意味を持つ文様(模様)を新たな国際通りのシンボルとして建築物の構造体としてデザインしました。沖縄特有の紅型染めの[図と地]のイメージや波や風太陽といった南国独特の自然とのコミュニケーションの象徴として縦糸と横糸を編み込んだ繊維状のパターンをストラクチャーとしています。文様を都市風景における記号(アイコン)として位置づけ、内・外の繋がりを支える新たな象徴となることを意図しています。

新しい都市ストラクチャーが新たな「場の記憶」をつくりだすことを想定しています。

模型写真1

[狭小地に建つ葉形屋根の家]
風致制限によるセットバックのラインを建物の輪郭線として特徴的な平面計画としました。北東前面道路より住居・店舗各々の出入口を設け、フロアゾーニングは、1階に店舗、2階に各寝室、3階にLDK、屋上階にルーフガーデンを計画しました。道路に囲まれた周辺環境と敷地形状から屋根と外壁が一体となった象徴的なカバー「葉形屋根」を計画しました。これにより、住居ゾーンとして起伏の特徴を活かしたプライベートな空間を内包し、店舗ゾーンにはファサードとしての象徴的なイメージをつくり出します。

エントランス 

飲食施設と果樹園の繋がりから新しい飲食店のかたちを作ることを意図し、環状に歩行可能な通路を設定しました。調理・飲食の他に、通常とは異なる要素として栽培や散策などが楽しめる店舗スタイルを設定しました。通路は施設内部に続き、より豊かなコミュニケーションを誘発させる計画としました。また、計画地の交通量と都市密度から南公道に対して壁(木製スクリーン)を設け、内部空間に密度をつくるとともに、光や風を二次的に編集し、夜間は照明装置のように内部の様子を外部に暗示させる計画としました。内部構成は、店舗部門と事務所部門が東西に分かれた空間配置となっており1階カフェレストランには東にカフェテラスを計画し、パーティー等のイベントに対応できるよう計画しました。

模型写真・全体配置

セカンドハウス/別荘建築/静岡県熱海市

|

「セカンドライフという名の演劇」 セカンドハウスには非日常性を求め訪れるという一種の演劇性が内在します。団塊の世代へ向けて人生を また,電化住宅として舞台装置のように,ON・OFFの切り替えができる生活シーンそのものを「セカンドライフという名の演劇」と捉えました。
扉を開く行為から,この演劇は始まり,LD空間と外部を繋ぐ舞台を中心に上演されます。第二の価値観で新しい光を感じ,新しい音を聞き,新しい風を感じることで聴衆となり,開いた扉の様相は森の中のパフォーマンスのように,新しく環境との接点を創出します。新たな生活へ向けた契機となり,新たな価値観を見出す装置としての建築物を想定しました。
「建築物」建築物は傾斜地に建ちRC造と木造の混構造とし,擁壁部分は1階外壁を兼ねています。アプローチは、舞台部分よりLD空間へ直接行い空間構成は3層のスキップフロアの構成とし,舞台レベルを中心にベットルームと設備ゾーンに二分しています。

南東

HOUSE S/ギャラリー+住宅/静岡県浜松市

|

住宅兼アトリエの初期計画。
1階にアトリエとギャラリーを配し、2階に居住空間を計画しトップライト採光のある吹抜け空間により光が広がる空間デザインをコンセプトに設計しています。

東南からの俯瞰

道路側立面■CONCEPT

多摩美術大学出身のアーティスト(画家)新村文祥さんの住宅兼アトリエです。小規模ですが生活空間・制作空間の領域をフレキシブルに捉える事をコンセプトに空間や形態でアートと建築の癒合を試みました。作品制作は生活の一部であり、生活もまた制作の一部であるようにアレンジの利く空間構成です。居間兼ギャラリースペースの天井高さの確保や、ハイサイドライトなどの計画により屋根天井面を三次曲面状に設計し、採光計画を工夫しました。敷地周辺からは三次曲面の屋根面が建築物の見え方を、住宅ではなくオブジェの一部のように印象付けています。

 

VILLA H/戸建住宅(別荘)/静岡県伊東市

|

LDK2階方向の眺め

丸太柱と吹抜空間のあるダイナミックな空間構成と自然素材に包まれた別荘建築です。敷地は国定公園に近く、緑豊かな大自然が広がっています。直径2尺の欅丸太柱を家の中心に据え、大切な自然材料を長く使える形で構造体として、また家のシンボルとして生活空間に活かしました。木を森の象徴として祭ったり、崇めたりした従来の日本文化に内在したエコロジカルな思想を現代的に解釈しデザインにとり入れました。自然木は磨けば光り・削れば使えます。このような木材の質実剛健の美を改めて感じることのできる空間となりました。 本井建築研究所一級建築士事務所 施工事例 木組の家

HOUSE Y/戸建住宅/京都市左京区

|

y-tei中庭■CONCEPT

狭小地のデメリットをメリットに変換させることをコンセプトに中庭のある2世帯住宅を設計し

ました。各居室は中庭に面し、採光・通風に配慮した開放的な空間配置としました。住宅

密集地である周辺環境から外壁自体でプライバシーを確保し同時に採光が可能な格子状

のパネルを計画しています。

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

詳細情報
 → HP是非ご覧ください!
(建築相談も行っています)

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13